モービルマッピングで計測しよう

地域・空間に関係づけられた空間情報の活用

空間情報とは、地域・空間に関係づけられた情報のことを指します。

具体的には地理情報システムが、位置に関する情報を持った空間データを総合的に管理・施工していくことが知られているのです。空間情報を利用することで、今までできなかった地図と連動して、スマートフォンなどに情報共有をすることができるようになります。位置情報を取得することでより地図を使ったサービスの提供や空間情報の活用が可能になるのです。

地図を使っての新しいサービスを創出したり、様々な業務のオペレーションを革新したりすることができます。スマートフォン・タブレット端末の利用と連動した地理空間情報の活用方法があるのです。例えば、カメラで見た風景の上に情報を載せて表示するといった使い方ができます。観光地での観光情報の提供などに用いられています。

QRコードを使用して現地の案内板やポスターからスマートフォンなどにそのコードを読み取り、サーバーに保管してある情報を提供するなどのサービスも開始されています。携帯電話やスマートフォン等の端末に搭載されたGPS機能を活用することで位置情報が付加された画像を撮影して収集したり、その位置情報を利用して地図上に収集した画像を展開していくといった活用の仕方もできるようになるのです。災害時の情報流通をスムーズにすることが、空間情報を活用して平常時からSNSの提供が行政サイドからできるといったメリットを利用することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *