モービルマッピングで計測しよう

空間情報を用いたビジネスの進化

「空間情報」とは、地理・空間に関係づけられた情報のことです。

昨今では、この空間情報を取り巻くビジネス環境が激しい変化を見せています。2005年頃からスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが普及されるようにつれ、高度な地図情報アプリが手軽に扱えるようになりました。それ以前は、設備の管理・測量・調査・マーケティングといった専門的な分野のみで使われていたのですが、スマートデバイスの発達によって多くの人々が地図情報を扱えるようになり、会社や家庭などの広範囲で活用されるようになったため、地図情報に関するビジネスのマーケットは急激に拡大されています。

スマートデバイスの発達によって、ユーザーは地図を様々な場所へ持ち出せるようになり、スマートデバイスの空間情報を利用した新しいビジネスが次々と生まれるようになりました。その中の一つとして「ライドシェアサービス」があり、これは乗用車を相乗りしたい人々を結びつかせるソーシャルサービスで、専用のモバイルアプリを用意して自動車のオーナーと移動手段として自動車に乗りたいと思っているユーザーを結びつけます。

まず、車に乗りたいユーザーがモバイルアプリで配車依頼をすると、端末のGPS機能を通じて現在位置が発信され、近くにある迎車可能なドライバーが表示されます。これにより、自動車を運転したい人は簡単に乗りたい車を見つけられると同時に、自動車のオーナーは運転しない間のみ他人に貸し出してお金を稼げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *