モービルマッピングで計測しよう

航空レーザー計測は公共測量の一つです

測量に掛かる費用の全額、もしくは一部を国や公共団体が負担を行ったり、補助を行い実施するものを公共測量と呼びます。

そもそも測量とはどのようなものを意味するのか、良く分からない人も多いかと思われますが、基準点測量・地形測量・地図調製などの総称が測量になります。公共測量による成果は、道路・河川・砂防などの計画作成、管理などで用いられている基礎的な情報に使われる、各事業の一環として様々な方法で計測が行われるのが特徴です。

そして最近注目を集めているのが公共測量の一つと言われている航空レーザー計測です。航空機を所有する、測量技術を持ち計測に必要な装置を所有する、そして取得したデータの3次元加工ができる技術および環境などが航空レーザー計測には必要です。

但し、航空レーザー計測はそれぞれの専門性を活かした形で行うこともできるため、航空機がない場合には専門の会社に委託を行うなどの方法もあるわけです。所で、日本の都道府県の中には森林の割合が高い所と低い所がありますが、森林は人々の生活には欠かせない大切な環境です。この大切な環境を守るためには現在の樹種の分布、育成状況の把握が重要とされており、これらの把握を行った上で整備ができるようになるわけです。航空レーザー計測および航空写真の撮影、2つの技術を組み合わせることで、整備が必要な情報集ができる、これは逆に言えば整備データを活用すれば現在の森林に対してやるべきことを把握できることにも繋がるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *