モービルマッピングで計測しよう

空間情報を積極的に活用するメリット

空間情報はこれまでの2次元の位置情報に対して様々な異なる情報を付加したものと捉えるのが最も一般的です。

物理的な空間のイメージを想像する人も少なくありませんが、一般的にこれらの3次元情報とは別に位置情報にはこれに付帯するさまざまな情報が加えられ初めて重要な意味を持つものとなる場合もあるのが実態です。さらに、位置情報を利用する場合には様々な情報を加えて利用することが多く、これらの全てのものが空間情報と定義されることも多いのです。

一般的に地図で目的地を探す場合、単純にその目的地の場所を見つけたいと言う事は少なく、その場所で何かをしたいと言うことが少なくありません。この何かをしたいと言う情報が1情報に対する立体な意味を与えるものとなり、空間情報と定義されることになるのです。その効果は最近のナビゲーションシステムにも広く応用されています、最近のカーナビでは自動的に候補地を提示する機能が備わっていることが多くなっています。

食事をする場所で検索をした場合には、情報のほかに食事ができると言う要素を加えた形で情報が格納されていることが多いため、その中から最適なものを見つけることができるのです。空間情報の発想は単純に立体的な情報を与えるばかりでなく、利用者の目的を満たすために効果的に応用されていることも増えているのが実態です。空間情報はこれらの日常生活に役立つ情報が含まれていると認識しておくと、様々な方面への応用ができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *