モービルマッピングで計測しよう

空間情報は何に使われるのか

新規に店舗を開設したいときに気にするのが立地です。

あまり人のいないところに立てても意味がありません。だからと言って混雑しているところでは地価が高くて賃料が払えなくなります。このような検討の時に使われているデータは人口密集率や地価情報です。これらはある地域の情報であり、空間情報と言えます。このように空間情報はビジネスにおいても大きな役割を持っています。

そのほかにも一人暮らしの高齢者が多い地域や子供のいる世帯が多いところなどの情報は、行政施設の計画に重要になります。さまざまな情報を検討して、最も有効な場所はどこかと言うことを考えてからでないと、新たな取り組みは始められません。今までは経験者の勘に頼っていたところがありますが、結局はその人も同じ空間情報を持っていただけかもしれません。同じ情報を扱うのであれば、量が多い方が精度が上がります。そのため多くの空間情報がやり取りされるようになりました。

スマートフォンから得られた情報は貴重なデータとして活用できます。特に時系列で変化がわかるようなものであれば。これまでのことが把握できて、これからを予想するのに役に立ちます。変化を迅速に読み取る力こそこれから求められる能力になります。インターネットの普及によって、情報は溢れるほどに成熟しつつあります。あとはそれをどのように見て、活用していくかが差のつけどころです。変化の中から何か意味が見出せたら、そこにチャンスが眠っているはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *