モービルマッピングで計測しよう

空間情報のデータセット

最近の社会では情報の価値が上がりつつあります。

情報を征することでビジネスのスタイルが一変することになる世の中になってきたと言うことです。その中でも空間情報は、多くの企業が欲しがる有効なデータになります。断面的交通量データは、車両感知器などによって収集した情報で、どこで交通集中が発生しているかが可視的に確認することが可能です。

バスなどのルートを作るときや児童の通学路を決定するときなどに大いに役にたちます。駐車場のサービスを展開するときにも有効な情報とも言えます。車だけでなく、人の流れについて示した空間情報がポイント型流動人口データです。スマートフォンのアプリから得られた月間で数億にも上るデータから、人の流れがわかる情報になります。店舗の開店地域を探す場合などには使えるデータです。空撮情報も空間情報の一つと言えます。

高精度のカメラで撮影された情報では、建物の詳細まで確認することが可能です。MMSで収集した情報を組み合わせれば、詳細なデータを解析することができます。建物の密集率や高さに関する情報もこの組み合わせなら確認することが可能です。火山の正確な空撮も災害の予防に使うことができるデータの一つです。地形の変化を読み取ることで噴火の予兆が確認できることが期待できます。情報は使い方によって見えてくるものが変わってきます。扱う人がどのような目線で見るかが重要です。それまでは意味がないと思っていた空間情報が貴重なデータとなることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *