モービルマッピングで計測しよう

活用が推進されている空間情報

ある地域の情報を集約した空間情報を活用して、国民が安心して豊かな生活を営むことができる経済社会を作ろうと言う計画があります。

例えば防災施設の分布と一人暮らしの高齢者の分布、地形情報などを組み合わせると施設の要否に関わる判断に利用でき流だけでなく、どこに必要かと言うことまで把握できます。国土交通省では平成19年に法律を制定し、空間情報の活用を推進してきました。その計画は5つの目指すべき姿を掲げています。一つは災害に強く持続可能な国土の形成への寄与です。

災害の発生しやすい地域の把握やその周辺住民の状況、必要な施設の計画などが考えられます。新しい交通や物流サービスの創出も目指すべき姿の一つです。

車に頼った物流で引き起こる渋滞の解消や短時間の物流システムの新設に情報が利用されることになります。もちろん地域産業の活性化や新サービスの創出も必要で、豊かな暮らしを得るための空間情報の活用は期待が高まります。人口減少や高齢化は大きな問題ですが、新しいビジネスモデルが出来上がれば、そこに生活が生まれることになります。質の高い生活を目指しながら、住みやすく将来に希望がもてる地域にすることが必要です。空間情報と一言で言っても、いろいろな分野で活用されて決まったものはありません。今まで関係ないと思われていた情報を組み合わせることで、新たな発見があるかもしれません。それがどのように地域に貢献するかは未知数ですが、何もしない状況よりは良いことがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *