モービルマッピングで計測しよう

空間情報の収集方法の変化

空間情報は地理情報とも言い換えることができます。

ある範囲の情報を収集して分析することで、活用することです。企業レベルで活用している場合もありますが、主に行政の都市計画に利用されてきました。その収集方法は、地道で実際に人が見に行くことがほとんどでした。最近ではGPSを用いて位置を特定し、ドローンの撮影によって全体を把握したり、MMSで測量することで短時間で得ることが可能になりました。激しい移り変わりをする現実に情報の更新が追いつきつつあります。

空間情報は最新であることが重要です。日々変化する状況に対応できなければ、意味のない情報として、間違った対策を行うことになります。だからこそ、常に更新されていることが望ましと言えます。今ではいろいろな情報をインターネットにアップすることができるので、現地に行かなくても把握できることが多くなりました。特にある地点の端末数を確認するような場合には、通信基地局の接続数で把握することが可能です。

アクセス数の増減によって、変化を把握することも簡単に行うことができます。朝と夜の人口の変化がわかると、人の移動量がわかることになります。改札で人数を集計する必要もなく、利用されたICカードの数が把握できれば、すぐに集計できます。このように空間情報は利用されている電子機器を把握するだけでもかなりの状況が把握できます。人がわざわざ現地に行かなくても情報が収集できる時代になりつつあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *