モービルマッピングで計測しよう

空間情報を活用して生活向上

空間情報とは、その空間に関係付けられた情報と言い換えることができます。

例えばある店舗の集客数なども局所的な情報と言えます。空間の区切り方によって、有効となる情報の種類は変わってきます。カーナビゲーションシステムを使っていて、ある地点に近づいたときに、事故が多いことを注意喚起される場合があります。それが空間情報として利用されているものの一つと言えます。原因はそれぞれだとしても、事故の発生率が高ければ注意喚起することで未然に防ぐことが可能になります。この他にも時間と組み合わせた空間情報によって、安全性を高めることも可能です。

例えば、犯罪率が一時的に高くなる地域があれば、その時だけでもパトロールを強化すると言った対策を行うことです。状況に傾向があれば、それに対応することが可能となり、その原因がわかれば、予防することも可能になります。

空間情報が蓄積されていけば、生活を向上することに役立てることができそうです。天気に関する注意についても、同様なことができます。降水量や地形の情報を組み合わせて土砂災害の発生確率を計算して、住宅の建築計画を検討したり、避難指示の目安にすることが可能です。このように空間に関係するあらゆる情報によって、安全性や利便性を高めることができれば、生活を豊かにすることにつながっていきます。今まで気にしていなかったことが、実は緻密に関連して意外な効果が期待できるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *