モービルマッピングで計測しよう

空間情報の意味と効果的な利用方法

空間情報は近年非常に話題となっている統合情報です。

従来の地形情報や地図情報は2次元の性的なものであることが多く、一部の建造物の情報は記載されていたものの、その他の様々な情報は個別に扱われていることが多くその他の様々な情報は個別に扱われていることが多く、例えば戸籍情報と住所は個別の情報源となっていることから、雨雑な情報を瞬時に入れることが難しく、さらに担当者の結びつけに関する力量が問われるものとなっていたため効率的に利用することができないのが実態でした。空間情報の特徴はそのベースに地図情報があり、これをもとに様々な状況をミックスさせていくことでより効果的な情報として成立するものとなるのです。

例えば地図情報に災害が発生しやすい空き家の情報を積み重ねることで、具体的に空き家が多い場所の特定を行うことが可能で、その個数や状況から危険な場所であると判断される場合にはこれらの情報をもとに最適な対応を行うことができるのが効果的な対象に参加する大きな理由であると認められているのです。さらに空間情報では1つの地図情報に対して様々なデータを重ねて表現をすることができるため、その自由度の高さにより効果的な情報を発信することができるのも大きなポイントとなっています。

空間情報は非常に様々なデータの集まりですが、これらを関連付けることで新たな応用につながることが少なくありません。そのため、効果的に利用するすると効果的に利用をするとともに、自らが最適な情報を認識することができるようにしておくことが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *