モービルマッピングで計測しよう

航空機の撮影に特化しているデジタルカメラとは

子どもだけでなく、大人も間近で航空機を見ると胸が高鳴るものです。

国内はもちろんのこと、海外の国際空港では展望デッキを設けて利用客が滑走路やジャンボジェット機を眺められるスポットがあります。普段は上空を飛行している飛行機が飛び立つ瞬間や、着陸する様子を観察するには打って付けの場所といえるでしょう。ジャンボジェット機を写真に収めたいという時、昨今では誰もが持ち歩いているスマートフォンに高性能なカメラが備わっているので役立つアイテムの1つです。

スマートフォンのカメラの場合、全体的な風景を撮るするのには特化しているレンズを有しています。しかし一部分を拡大する望遠撮影を苦手とするため、迫力ある航空機の姿をとらえるのには不向きです。航空機をより美しく、細部まで写真に収めるには一眼レフタイプのカメラを用いれば希望を叶えられます。一眼レフカメラと一言にいっても多種多様な製品が販売されているため、購入する際はカタログやwebサイトを閲覧して何の撮影に特化した機種なのかを探ることが大切です。航空機の場合、機体の細部までズームで撮影すると迫力のあるカットを手に入れられます。

そのため、200~1000mmまでの望遠レンズを有している機種を購入するのがいいでしょう。さらに望遠だと少しの手振れでも被写体がボケてしまうので、手振れデジタル補正機能がある機種だと三脚が不要でフットワークを生かした撮影を可能にしてくれます。この条件を満たしているものが航空機の撮影に特化したカメラであるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *