モービルマッピングで計測しよう

航空レーザー計測の特徴

レーザ測距の技術、そしてGNSS、IMUという装置からなるものが航空レーザー計測です。

この計測ではレーザ測距と呼ぶ装置を使います。レーザー光を発射して距離を測る装置です。GNSSについては航空機の位置を把握する受信機です。地上の電子基準点を利用する機器になります。IMUについてはジャイロを改良した慣性計測装置、飛行機の姿勢また加速度を測るものです。そのレーザ計測点の高さは1センチごとに記録され、精度はプラスマイナス15センチです。水平方向の位置の精度は1メートルほどになります。航空レーザー計測におけるレーザー光は木や建物、地表で反射します。

樹冠だけでなく色々な所で反射します。木に反射する光はファーストパルス、地表で反射する光はラストパルス、間で反射するものはアザーパルスです。照葉樹のような葉が覆い茂る木にレーザー光が反射しないこともあります。その場合、地面の高さのデータを取得することができません。地図のような地表の高さを示すものにおいては、木や建物の高さを取り除かなければなりません。

取り除くフィルタリングを行った地表だけの高さのデータからグリッドしたモデルをDEMと言います。DEMを陰影段彩図にすると立体的に見ることができます。DSMも同様です。航空レーザー計測により作成した陰影段彩図では、高さのデータにおける高い部分は赤、低い部分は青、間を橙、黄、黄緑で表示されます。その影も表示されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *