モービルマッピングで計測しよう

災害防止にも役立てられている航空レーザー計測とは?

災害が起こりやすい地域はハザードマップと呼ぶものがあり、事前にどのような災害が起こり得るのかを予測、非難を可能にする方法に採用されています。

このハザードマップは航空レーザー計測技術を用いて製作が行われることもあるといいますが、航空レーザー計測は空の上から地形情報を収集する技術であり、地図そのものを作るわけではありません。都市部には高層ビルが密集する地域が多くありますが、航空レーザー計測で都市部の地形情報を収集すると、計測した場所の起伏を現す3次元データを作ることができます。

山間部などでは山の高さだけでなく、樹木の高さそのものを割り出すこともできるので、森林の状況把握にも最適とされます。山に森林があることは災害を予防することに繋がるといわれているわけですが、山間部の調査と聞いたときには登山が必要になる、このようなイメージを持つ人も多いといえましょう。登山をしながらの調査は、時間が多くかかることや場所によっては危険を伴うこともあるなど適切な調査方法とはいえません。

その点、航空レーザー計測の場合は飛行許可を得ることができる場所であれば、山奥でも計測を可能にしますし、航空機から発射するレーザー光線の量が多いので広範囲の測量を短時間で終えることができるメリットもあるわけです。都市部では高層ビルが密集しているエリア、河川が流れるエリアなどにおいて航空レーザー計測を用いた防災マップ製作が進められているといいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *