モービルマッピングで計測しよう

行動、計画、空間情報

日々の生活で考えられている必要なことは、たくさんありますが、その中でも空間情報は日常生活の中に無数に存在をしております。

空間情報は、空間に関係付けられた情報のことを指しており、ある行動、立案や実行する際に役立たせることができる一つとして活躍をしております。緊急対応で威力を発揮することができるのが特徴で、以前にたくさんの被害が合った2005年にハリケーン・カトリーナがアメリカ合衆国に襲来をした時には、多くの被害情報を市民たちがインターネットを利用してマップに寄せたことから、被害の全容がひと目でわかり、災害時などには大いに役に立つことが可能です。

カーナビゲーションシステムやインターネット上で提供をされている地図データは身近なものですが、都市計画や固定資産税位の分野で紙媒体の地図として行政から利用をされてきました。従来のスタンドアローン・限られた人の利用を考えたことから2001年頃より統合型GISの概念が登場し、共通利用に移行をしました。当核情報に係る時点に関する情報を含まれた、空間上の特典の区域の位置を示す情報は空間情報に相当すると言われております。

安全で安心ができる社会や、豊かで暮らしやすい社会、良好に保たれた国土環境が良い社会、自立をし地域がいきいきとしている社会、活気溢れた新たなビジネスが創生される社会などが空間情報には考えられており、行政の作成した空間情報に民間は、飲食店などの情報を付加した製品などを販売をしたり、マーケティングなどに利用を考える出店計画などの企業があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *