モービルマッピングで計測しよう

空間情報とは地理・空間に関係する情報のことです!

空間情報とは地理空間情報のことであり、地理・空間に関係する情報全体を示す用語になります。

従来は紙媒体による平面上の情報がほとんどだったですが、近年では人工衛星(GPS)を活用したナビゲーションシステムや、インターネットの画面上で位置情報を検索できるソフトが普及したことにより、地理情報の立体的な把握が可能になりました。一方で画像データにおけるプライバシーやセキュリティの問題など、情報の取り扱いの重要性が高まっているのです。日本においては平成19年8月29日に、「地理空間情報活用推進基本法」という法律が施行されました。

空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(当該情報に係る時点に関する情報を含む)と、さらにこれらの情報に関連付けられた情報からなる情報を「地理空間情報」と定義して、情報の有効活用の推進と慎重な取り扱いを求める内容となっています。さらに社団法人日本測量協会では「空間情報総括監理技術者」制度を設け、資格試験を平成17年度から開始しました。

情報の分野に関する高度な専門知識と豊富な知見・経験を有し、問題解決に必要なシステムとデータの開発や維持管理方法を立案し、様々な技術や技術者をコーディネートして適切な事業を行うことを目的とした資格となっています。受験には測量士資格を有すること、技術士資格または博士称号または同等の能力を有すること、情報関連業務経験が15年以上で当該業務の主任技術者を2回以上経験していること、などの条件を満たすことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *