モービルマッピングで計測しよう

テレビ番組や災害対策で活躍するドローン空撮

ドローンを使った空撮が盛んになってきており、テレビ番組の制作現場でもよく使われています。

人気のバラエティー番組のロケでもドローン空撮の映像は頻繁に登場し始めました。手軽に俯瞰の映像が得られるのが、魅力的な特長です。限られた人員とコストの中で、テレビ番組のロケを無事に成功させなければならない制作スタッフにとって、ドローンは非常に有難いツールです。空撮の映像を撮るためには、本来多額の費用と長時間の準備が必要ですが、技術革新によって、専門のオペレーターとコンパクトな機材一式があれば、いつでもどこでも気軽に空からカメラ撮影が可能になりました。

災害救助の現場でもドローン空撮の技術は活用され始めました。巨大地震や津波、山火事などが起きれば、プロのレスキュー隊でも迂闊に現場には向かえません。まずは空から災害現場がどうなっているか、確認出来れば安全かつ迅速に人命救助の活動が始められます。自然災害が発生すると、道路が分断されたり土砂崩れで通行止めとなります。地上からでは現場の様子を把握する事が難しく、特に地震や火災発生後だと被害の場所や全容がつかみ取れません。

ドローンなら、人や車が足を踏み入れる事が難しい場所でも大丈夫です。二次災害を効果的に予防出来ます。動画や写真で、被害を受けた街の様子や地形の状況を客観的に記録出来るのもドローン空撮のメリットです。人の目や証言だと、ヒューマンエラーやケアレスミスが起きるのも事実であり、客観的な写真や動画をもとに計画を立てれば、より迅速で確実な災害対応が進められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *