モービルマッピングで計測しよう

地形の調査なら空撮が便利、飛行機やドローンで

地形の調査に終わりはありません。

衛星写真や航空写真で、辺り一帯を空撮すれば地形の状況が分かります。地上からでは分からない森林や崖、湿地帯や谷の様子が客観的に把握可能です。ただ自然環境は長い月日を重ねる事で、変化していきます。数年前に撮影された衛星写真や航空写真と、今現在の大自然の様子はおそらく、かなりの部分違ってきています。特に人が暮らしていない森林や湿地帯や崖などは、ほんの僅かな期間でも周辺環境が大きく変わる事が多いです。

今現在の様子を正しく把握しなければ、土地の値段を算出したり土地活用のプランを立てられません。災害対策の観点からも、空撮は定期的に実施してデータを随時更新していかなければならないでしょう。数年前のデータをもとに、ビジネスの企画を立案したり災害対策の計画を練れば、現状を反映していないミスマッチな結果になりかねません。空撮には色々な方法がありますが、飛行機とドローンを活用した2種類の方法が国内では広く利用されています。

本格的に地形の調査を実施したい場合は長時間の安定飛行が望める飛行機がベストです。準備と費用は多く必要ですが、学術的な調査や災害対策には、広範囲の地形調査が不可欠です。一方で今現在の土地の様子を俯瞰でとりあえず確認したい、以前との違いを見比べたい、といった目的であればドローン空撮が適しています。短時間の調査なら、低コストで運用できるドローンが最適であり、険しい山々や草木が生い茂るエリアでも、最新の土地のコンディションが手軽に撮影出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *