モービルマッピングで計測しよう

航空レーザー計測で地上の様子を立体的に再現する

レーザーは光の一種ですが、電灯から放たれる通常の光のように拡散せず、まっすぐに進むという特徴を持っています。

反射して戻ってくる時も同様です。そのため、光源に戻ってくるまでの時間に光速を乗じれば、光源と反射物との距離を算出することができます。この原理を応用したのがレーザー計測で、複数の目標に次々とレーザーを照射して距離を計測することで、対象物を三次元的に把握することが可能になります。工業製品の寸法を測定したり、地質測量を行ったりする際に用いられているこの技術ですが、計測機器は固定して使うだけでなく、移動しながら操作することもできます。

たとえば航空機に搭載すれば、地上の様子を広範囲にわたって調査することが可能です。この手法を、航空レーザー計測といいます。航空レーザー計測では、航空機で上空を飛翔しながら、地上に向かってレーザーを照射します。そして反射に要した時間を測定し、その間に航空機が動いた分の距離や高度のずれなどを補正すれば、地上までの距離を知ることができます。

こうして取得されたデータを集計すれば、たとえば山や谷といった自然地形の様子、建造物の配置状況などをコンピュータ画面上で立体的に再現することが可能になります。航空レーザー計測によって得られたデータは、地図製作などに活用することができます。真上から見た平面図だけでなく、斜めから見た鳥瞰図なども作製できるので、不動産開発計画などさまざまな用途に適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *