モービルマッピングで計測しよう

災害状況の確認に役立つ航空レーザー計測

山林や断崖絶壁に囲まれた離島など、人が直接入り込むのが難しい場所の状況を知るには、航空撮影が便利です。

目標の上空に航空機を飛ばして写真撮影を行えば、地上や海上からは分からない地形の様子などを見て取ることができます。ただ、航空撮影によって得ることができるのは、あくまでも二次元レベルの情報です。たとえば写真の中に2つの山の頂きが写っていた場合、真上から見た両者の位置関係は分かりますが、どちらがどの程度高いかなどといったことは分かりません。

こうした情報を得たい時は、航空レーザー計測という技術を使います。航空レーザー計測は、レーザースキャナと呼ばれる機器を航空機に積み、飛行しながら地上に向けてレーザーを照射して計測を行うテクノロジーです。レーザーが地上に反射して戻ってくるまでの時間を計測すれば、航空機までの距離が分かります。これをGPSによる航空機の位置情報と組み合わせることで、地形の様子を知ることができます。

たとえば山肌に沿ってレーザーを照射していけば、各位置の高さやその傾きを三次元レベルでとらえることが可能になります。航空レーザー計測の利用は、特定の地域にかかる立面図を製作したりするのに役立ちます。たとえば自然災害などが発生した場合、発生前のデータと発生後のデータを比較すれば、写真だけでははっきりした変化が認められなくても、土砂崩れによって地面がどの程度沈降あるいは隆起したかといったことを現地に行かずとも把握することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *