モービルマッピングで計測しよう

航空レーザー計測の特別

航空レーザー計測はどんなものか説明しましょう。

これは専用の航空機に載せたレーザー測距儀から、地表に向かってレーザーを照射してその反射を元に地表までの距離を測るというものです。空中写真計測との違いについては夜であっても測ることができます。また木の葉っぱも透るゆえ森林地帯の詳細なデータを得ることもできます。航空機の位置はどうやって把握するのでしょうか。航空レーザー計測ではその機体に付けたGPSと測距儀に付けたIMUと呼ばれる慣性計測装置から、航空機の位置を把握します。

デジタルカメラを載せたものであれば、同時に空中写真のデータを取得することもできます。水平方向の詳細なデータを航空レーザー計測で得るにはテクニックが必要です。レーザ一点ごとの精度はプラスマイナス15センチ程でしょう。精度は高度に関係しないため、高々度から撮られたり森林地帯で測った空中写真よりも精度が高くなります。

航空レーザー計測の表現に関しては、標高値を色分けして表現する段彩図や光源である太陽の方向と高度を設定して地表の起伏を把握する陰影図、さらに2つを合わせた陰影段彩図もあります。陰影段彩図は2つの欠点を補うことができるものです。鳥瞰図というデータを空を飛ぶ鳥が見ているように表現したものも紹介しましょう。これはコンピュータ上でのシミュレーションに用いられるものです。固定翼だけでなく回転翼で航空レーザー計測することもできます。どちらにするか、それぞれの特徴を踏まえて決めてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *