モービルマッピングで計測しよう

航空レーザー計測における技術

航空レーザー計測は3つの技術から成るものです。

GNSSとIMUとレーザー測距の技術です。レーザー測距を行う装置はレーザーの地上での反射を元に距離を測ります。1秒間にレーザーを10.000回~100.000回も発することができます。また50センチ~60センチもしくはより短い間隔であっても測ることができます。計測点の配置はランダム、計測点のスポットは点ではありません。その他の特徴として、カメラがついている航空レーザー測距装置であれば表上画像も同時に得ることができます。

GNSSについては航空機の位置を把握するための受信機です。地上の基準点を利用してキネマティックという計測をこの機器によって行うことができます。IMUについてはジャイロを改良した慣性計測装置です。航空機の姿勢また加速度を測ることができる装置です。その測定値からレーザーの発された方向を補正できます。航空レーザー計測のレーザーは静水面が苦手ですが、わずかでも波があればレーザーは戻ってきます。森林地帯はどうでしょうか。レーザーは木にも反射します。

最初に反射するものをファーストパルス、最後に反射するものをラストパルス、間で反射するものはアザーパルスです。それぞれ高さを検出することができます。この航空レーザー計測を行う際は知識やテクニックが必要です。自信がない人は専門業者に依頼してください。業者のホームページなどに詳細が書かれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *