モービルマッピングで計測しよう

MMSによる情報収集で得られる3次元データ

MMSは、車両に搭載した計測器を用いた情報システムで一般的にはモービルマッピングシステムと呼ばれています。

GPSの急速な進化で位置情報利用したMMSによる情報収集は、高い効率と高精度な情報収集ができることから各方面での活用がされるようになっています。現況道路整備や滑走路の異常検知などを目視で行っていましたが、車に計測器を設置して走らせることでGPS位置情報と結びついた3次元データを収集することができるのです。地図精製に用いるために正確で高精度にできる技術を、カメラによる映像と結びつけることによって立体的な沿道の建造物や状況を把握することができます。

3次元での高精度地物計測を目的として開発され、衛星情報であるGPS位置情報と関連付けることによって実用に成功したのです。河川の状況管理や空港の滑走路の状態の把握など多方面での活躍が期待されているのが現在のMMSとなります。従来の人の力や航空機からの撮影などによる情報収集からより精度が高い位置情報や空間情報を活用することによって社会インフラの整備や道路補修のデータなどとして、MMS情報システムが利用されるようになってきています。

カメラで撮影されたカラーデータと3次元点群データをマッチングすることができます。3次元のカラー情報を用いて都市の空間情報を活用していくことが検討されているのです。車を走らせるだけで得られる情報なので従来のように交通を停止する手間もかかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *