モービルマッピングで計測しよう

MMSに関する説明文

「MMS」とは「マルチメディアメッセージングサービス」の略称です。

キャリア独自のメールアドレスを使います。長文や写真、絵文字付きメッセージをチャット形式でやりとりできます。同じキャリア同士なら、無料になっている場合があります。仮にキャリアが異なってもデータ通信料以外の費用は原則、発生しません。Eメールとの違いですが、Eメールは利用開始時に端末側で設定が必要です。一方、MMSは当該機能に対応している機種であれば特別な設定不要です。

データの保存期間についてはEメールがほぼ無期限なのに対して、MMSはキャリアごとに制約があります。送信できる最大容量もMMSの方がやや小さいケースが多く見られます。また、ExcelやWord及びPoerePointなどのファイルは受信できません。よく似た言葉に「SMS」があります。こちらは「ショートメッセージサービス」を略したものです。携帯電話やスマートフォンの電話番号宛てに送信します。テキストのみ使用可能、画像や動画ファイルは送信できません。いずれのサービスも特長があり、うまく使い分けるとビジネスに役立ちます。

「SMS」は電話番号が相手先なので、相手への未着率はかなり低くなります。また、電話発信するよりも料金が安く、1度で用件を伝えられます。Eメールの利点は複数の人に同時に同じ情報を送れることです。相手の都合を気にすることなく、送りたいタイミングで発信できます。相手も読みたい時に読めるので、時間の拘束が少なくて済みます。MMSは話したい相手が特定されているケースに向いています。第三者に誤って情報が流れると困る場合などに使うとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *