モービルマッピングで計測しよう

空撮にはカメラ付きドローンがおすすめです

空撮を始めてみたいと考えている初心者の方におすすめなのはカメラ付きのドローンです。

人の手で取ることが難しい高い位置からの景色をとることが出来ます。カメラ付きのドローンで空撮を楽しむには、いくつかの種類から選ぶことになります。カメラを選ぶ時のポイントを紹介していきます。カメラのスペックは解像度が高い物ほど、細かくてきれいな画像の撮影が可能となります。近年では、4Kで撮影する物も登場しています。

しかし使用するディスプレイサイズが対応していないと思い通りに表示されなくなってしまうことや、ファイルサイズも大きくなってしまうことがあるので、ディスプレイサイズと会うものを選びましょう。より滑らかな動画を取りたいのならば、フレートフレームも確認する必要があります。1秒間に映し出される画像数は30fpsや60fpsなどの表示で確認が可能です。動きが激しい場合の動画ならば60fpsの方がスムーズに撮影出来ます。

カメラの価格帯もさまざまで、数千円で購入出来る手軽な物から、50万円以上する高級なものまであります。初めて空撮に取り組むなら安価な物から始めると良いでしょう。しかし、安価すぎる物の場合、飛行性能やカメラ性能が心配になってしまうため用途や予算に合わせて選びましょう。空撮でのカメラ付きドローンは人の手では難しい遥か高い位置から撮影することが出来る優れモノのため、初めて空撮を行うことを考えている方にとって強い味方となってくれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *