モービルマッピングで計測しよう

ドローン空撮の感動もののテクニック

最近は、テレビやインタネットの動画サイトなどでもドローンでの空撮映像は大変増えてます。

プロが撮影した映像にはこれまでに見たことがない感動できるものも多く、人の視点を超越した真俯瞰からの撮影で、初めてみたときには何を見ているかがわからず理解していくと風景の美しさがわかってきます。見る人の感覚を揺さぶって視点を変えることで見慣れている風景も再定義することも出来ます。向上夜景の空撮でも、工場内を見下ろす角度へ高度を上げていく場面などが見ごたえあり、メインのオブジェクトを真ん中に配置してタンクや煙突が山型に見える位置を維持しながら奥行きも感じられる高度まで滑らかに上昇させるカメラワークのテクニックが素晴らしいです。

また、発電用の風車を撮影したものだと陸と海の間へ吸い込まれていく構図で大地の広大さや奥行きさも表現していたりします。ユーチューバーがドローンの空撮を行っている動画も人気で、丁寧な商品撮りや開封動画、自撮りに移動中の様子など種類が豊富なショットをテンポ良くつないで、ただ見せるだけでなくドローンを手に入れて楽しむ物語を飽きさせずに見せきっている構成と編集のうまさにも注目です。

旅先での映像もほのぼのした世界観の中で、空撮の楽しさを伝える構成で、肩ひじなど張らなくてもガジェットやテクノロジーを表現に取り込めます。もちろん、他にもダイナミックなカメラワークとスピード感溢れる撮影で計算されつくした映像もあってレベルの高い技術力があるものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *