モービルマッピングで計測しよう

モービルマッピングは立体図作りに最適

地上の様子を地図として表す場合、航空写真などをベースにすれば効率的に作業を進めることができます。

ただ、航空写真は地上を平面的にとらえるためのものなので、立体図を作製する時の資料には適していません。また、たとえば上空からは見えないトンネルの中の様子を確認したりすることもできません。このような場合は、より適した観測・計測方法を用いる必要があります。その有力な選択肢となるのが、モービルマッピングです。モービルマッピングとは、車両に全方位カメラやレーザー測量機などを積んで、走行しながら周囲の状況を計測することのできるシステムです。

カメラは1秒間に数枚から十数枚の写真を連続撮影することができ、レーザー測量も最小10センチメートル程度の精度で位置情報を取得することができます。車をその場に止めて計測機器を地面に据え付けなくても良いので、広範囲にわたる地域を迅速かつ効率的に調査することができます。

モービルマッピングによって集められたデータは、コンピュータによる後処理を経ることでさまざまな目的に活用することができるようになります。このシステムにはGPS機能を付加することもできるので、その緯度情報を画像等を組み合わせれば、マンホールの位置や路面に表示された文字などまで再現可能な、高精細な地図ができ上がります。しかもレーザー測量による三次元データが加わるので、ガードレールや標識などの立体物も表現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *