モービルマッピングで計測しよう

モービルマッピングの仕組みとその精度

モービルマッピングは最近非常に話題となっている測量方法で、高い精度で短期間で地形情報を測定することができる画期的な方法と注目されています。

従来の測量は航空写真をもとに大まかな地形を割り出し、さらに詳細な測定が必要な箇所に関しては実際に人手で測定を行うことが一般的な方法でした。しかしモービルマッピングではこれらの測定を自動車を走行させながら瞬時に行うことができることで、測定効率とその精度が格段に向上する方法と評価されています。

モービルマッピングの原理はGPSと高速通信網が基本的な技術となっており、走行する自動車に搭載された位置情報を測定するGPSと周辺の状況を測定する赤外線カメラが中心となっています。これらの情報を社内に搭載したシステムでデータ化し高速通信ので中央のサーバーに送信することで、測定情報を瞬時に構成することが可能となっているのです。

近年ではGPSの精度が格段に向上したことにより、その位置情報の精度が非常に詳細なものとなっている点が特徴です。1情報の変化から速度情報を算出することも可能であるため、この速度情報と赤外線カメラでの測定結果をもとに地形の変化を正確に記録することができ、より高い制度の測量を実現しているのです。モービルマッピングの技術を応用した様々な情報展開も積極的に行われており、地形図を作る際の情報だけでなく、道路状況の予測や渋滞の予測など様々な用途に応用されている点も特徴となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *