モービルマッピングで計測しよう

モービルマッピングの測量結果を効果的に利用する方法

モービルマッピングの測量結果は単に地形を測定するだけではなく、様々な用途に応用できることがわかっています。

渋滞情報や土地や建物の正確な位置情報など、さまざまな情報を入手することができる側両方方となっており、しかも短時間で多くのデータを入手することができるため、そのリアルタイム性も広範囲に応用できる要因となっているのです。最近では自動車の情報量は非常に大きなものとなっています。

多くの車両で搭載されるカーナビシステムは渋滞情報を的確に把握するだけでなく、これに関する迂回路の設定もこれまでの地図データの利用から動的な様々なデータを受け取って総合的に判断するものへと進化しており、モービルマッピングが測定するリアルタイム情報を受け取りこれをシステムで分析しながら状況に応じた最適なルートを選択する仕組みへと変化しているのです。

さらにモービルマッピングは地形図の測定だけでなく、様々な状態変化を記録することも可能となっているため、これらの情報を蓄積して時間軸をもとにその変化を表現することにより、さまざまな情報を取得することが可能となっています。その中には、近年頻繁に発生している様々な災害の状況把握やこれに対する対策の立案に役立つデータの蓄積も可能となっており、単に地形図の作成だけでなく非常時の適切な情報発信のためのデータ蓄積を可能とする仕組みとなっている点が特徴です。今後もモービルマッピングの情報による様々なデータ蓄積が実現されると考えられ、非常に有効な測定手段と考えられているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *