モービルマッピングで計測しよう

モービルマッピングについて

モービルマッピングとは地図を作成する方法の一つです。

地図を作成するために、人が自分の足で歩き、自分の手で機器を使って測量を行いつつ記録していくというのが極めて古典的な方法ですが、当然ながら非常に手間がかかるため、現在ではこのような方法は極めて小規模であるとか特殊な事例を別にすればほとんど行われていません。一方で航空測量という方法もあります。セスナ機などの航空機にカメラを積み込んで空撮を行う方法です。

モービルマッピングとはこのいずれとも異なり、車に測量のための機器を搭載して道路を走らせながら地図を作成するという方法を指します。車に搭載するのですから人が手で持ち運ぶ必要はありませんし、測量そのものは基本的に自動で行われます。もちろん道路を車で走るわけですから人が歩くよりははるかに速いスピードで行えることもモービルマッピングの特徴です。

測量は機器から電波を発し、その反射波を捉えることで行いますので非常に高制度であり、数センチメートル単位でどこに何があるのかを知ることができます。一方で、電波を発してその反射波を捉えるのですから、反射したものの向こう側に何があるのかを把握することはできません。また、道路がない場所とか、道路から遠く離れたところを捉えることも難しいでしょう。あくまで都心部などに向いている方法と言えます。ビルでも電波は反射しますから、道路周辺にどのような建物があるかまで詳細に把握することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *