モービルマッピングで計測しよう

コストダウンにつながるモービルマッピングシステム

モービルマッピングは、道路周辺の3次元計測ができるシステムになります。

測量機を使用して計測したり、道路工事を交通を停止して実施していたのをデジタルシステムを導入することによって大幅に変えることが出来るようになったのです。仕組みは、車の上にカメラとGPSと3次レーザー計測機を搭載して走るだけで道路周辺を含めた立体的なデータを収集することができます。道路維持管理業務は、モービルマッピングを導入することになって大きく変革したのです。例えば、社会インフラとして道路は事故が起きないように常に点検・整備を欠かすことが出来ないことです。

3次レーザー計測機を使えば、レーザーを照射することで道路に発生する異常を点で捉えることができます。異常が検知できれば、設置しているGPSを活用して緯度を付加すれば空間情報として利用することができるのです。カメラでの画像とマッチングさせれば立体的に構造物を点検することも可能になります。発生している不具合がどの程度のものであるかも判別できるので、解析することができるのです。

すぐに修理する箇所、将来的には交換が必要といった判別をすることが出来るようになるのです。3次元デジタルデータにすることで保存も簡単になり、コンパクトになとまった保存媒体やクラウドでデータを管理し解析することが可能になります。モービルマッピングを導入することで、作業の効率化がはかれるだけでなく、コストダウンした補修作業をすることが出来るようになったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *