モービルマッピングで計測しよう

モービルマッピングの測量方法を効果的に利用

モービルマッピングの測量方法は短時間で周辺の地形や建物の状態などを把握することができる非常に画期的な機能ですが、これは単に地形図を作るための測量にのみ利用されるものではありません。

その高度な技術を利用して様々な生活を向上させるための情報に応用することが可能と考えられており、また実際にいくつかの事例が実現されています。その一つが道路の混雑状況をリアルタイムで表示するシステムです。これは単純にモービルマッピングの測定を行う専用の機器を搭載した車両だけではなく、一般的なカーナビで実現できる機能でもあるのです。

最近では多くの自動車メーカーで自社のカーナビに測定機能を付加し、その情報を収集することで渋滞情報を集中管理し、利用者に提供する仕組みとなっていますが、それぞれの車両の位置情報と走行速度の情報を取得することで移動時間を渋滞情報として表示する仕組みとなっているのです。さらにモービルマッピングの技術を利用した災害発生時の周辺状況の確認及び情報提供も積極的に行われています。

付近を走行する車両から様々な周辺の情報を取得し送信することで、その状況をリアルタイムで取得することが可能となっているのです。そのため車両が安全に走行できる状況を把握することができ、これに基づいてうかい経路や到着予想時刻を詳細に予測するなどの高度なシステムにも利用されており、様々なトラブルを未然に防ぐ仕組みに応用されています。このほかにもモービルマッピングの技術は様々な方面で利用されており、非常に期待できる技術となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *