モービルマッピングで計測しよう

SMS、MMS、iMessageについて詳しく解説

MMSとは、携帯電話やスマートフォンで使用できるメッセージサービスの一種です。

間違いやすいSMSやiphoneで使用できるiMessageとはどう異なるのか、わかりやすく解説します。まず、SMSとは「ショートメッセージサービス」の略です。SMSは互いに電話番号を知っていることでメッセージを送り合うことができますが、文字数制限があり、画像やファイルを送ることはできません。送信する際にのみ料金が発生します。一方、「マルチメディアメッセージングサービス」の略であるMMSは電話番号でもメールアドレスでもやりとりをすることができ、文字数の制限はありません。

写真やファイルも送付することも可能です。料金はデータ通信量のみかかります。iMessageはiOS同士でやりとりをする際に使用するメッセージサービスで、メッセージを送信する時にどちらもiOSの場合は自動でiMessageに切り替わります。MMSと同じように画像やデータファイルなどのやりとりもできますが、インターネット回線が必要です。

代わりに、携帯電話やスマートフォンの通信回線は使用しないため、SMSやMMSのように料金が発生することはありません。このように、メッセージサービスにはいくつかの種類があります。自分の使用しているスマートフォンのデバイスや携帯の料金プラン、メッセージを送信する目的など、状況によって上手く使い分けていくことで、より快適なコミュニケーションをとることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *