モービルマッピングで計測しよう

プロと同じカメラを手にする前にすべき事とは

カメラ撮影においてより表現力に幅を持たせたいのであれば、ズームや被写界深度といった条件を自由自在に変更出来るレンズが必須となってくるでしょう。

しかもそれを商材に耐え得る高い解像度にて求めるとなると、行きつく先は必然的にフラッグシップモデルの一眼レフとそれに脱着可能な高性能なレンズ群という結論になる筈です。一般的にフラッグシップ一眼レフクラスの高性能カメラとなると、その道のプロになってようやく手が出せる程の大変高価な価格帯となってきます。

それに加え、これらのカメラの表現力を100パーセント発揮させる為の交換レンズ群や撮影をサポートする様々な機材とを併せると、とてもカメラ初心者が手を出せる様な価格ではありません。むしろカメラ初心者にはそれに適したエントリーモデルが同じメーカーによって用意されており、そちらを使いこなしてから少しづつステップアップしていった方が確実に撮影は上達するものです。これはプロとて同じ事。

彼等もエントリーモデルから努力して撮影技術を身に着け、フラッグシップモデルを始め高価な機材を自由自在に操れるまでの技術と地位を獲得していったのです。仮に将来プロとして生計を立てるという目的があるのなら、例え経済的に余裕が合っても、機材だけ真似をしても無駄に終わる可能性が高いでしょう。各器材の役割や機能・特性を十分に習得し、撮影技術に関する引出しをじっくり増やしてゆく事が先ずは大事。その為にその道の専門学校へ通う事も視野に入れるべきなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *