モービルマッピングで計測しよう

ハッキング対策にカメラを隠すシールを使おう

ノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンにはカメラが付いているのが普通です。

これらの機器はデジタルカメラの代わりにもなりますし、動画配信をするときにもこうした機能は必要になります。ですから、今の時代はほとんどの機器にデフォルトで高画質なカメラが付いているものです。ただ、非常に便利な半面、気を付けなければ大変なことになってしまうことを知っておきましょう。ノートパソコンやスマートフォンはネットワークに接続されているケースが多いです。

ネットワークに接続をしていると、外部からハッキング攻撃を受けることもあるでしょう。ハッキングが成功すれば、機器のコントロールを奪われてしまうことも考えられます。もしも機器のコントロールを奪われてしまえば、自分の顔の画像をレンズを通して全世界にばら撒かれてしまうことにもなりかねません。実際に、そうした被害は多数報告されています。ですから、きちんとウイルス対策ソフトを導入すべきですし、使わないときにはレンズにシールを貼って、万が一のときに備えるのが得策です。

パソコングッズ販売のコーナーに行けば、ハッキングされてしまったときのためのシールが売られています。これをレンズに貼り付けるだけで、コントロールを奪われても顔写真を撮影されることがなくなります。非常に簡単に安全対策ができますから、最低限これだけはやっておきましょう。物理的にレンズを隠してしまえば、いくらハッカーと言ってもどうすることもできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *